戸建住宅の耐震工事

今回は築年数が40年を超えた中古戸建住宅を購入された方から耐震を施したいとのお話です。建物は木軸の在来工法でした。

建物の新築時の図面が揃っていたので、基礎に鉄筋が入っていることや通し柱の位置、耐力壁になっている壁などを把握することができ耐震の計画が立てやすくなりました。

窓が多い建物で1階に広いリビングがある為、現在の耐震基準に合わせるには窓を塞いだり、袖壁を新に造りそこを耐力壁に致しました。既存の壁にも筋交いを各所に配置しました。

基礎はとてもしっかりしており、ひびなどもなくいい状態でしたが、基礎と土台をしっかり繋ぐために各所にホールダウン金物を取り付けるとともに、柱や筋交いの接合のための金物で補強いたしました。

解体したり補強の木工事で7日間、仕上げのクロスやフローリングで4日間、そして室内のクリーニングで1日で完了しました。

お急ぎだった引越しに間に合い、出来栄えもとてもいいと喜んで頂きました。

 

 

182-0015東京都調布市八雲台2-26-14
リフォーム・リノベーションの
オプションサポートセンター
tel042-426-8124